経理・税金

2019年1月から導入される国際観光旅客税とはどんな税金?

2019年1月から国際観光旅客税(いわゆる出国税)が導入されます。今回はこの国際観光旅客税についてポイントを解説します。

 

国際観光旅客税とは?

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための財源確保を目的として、国際観光旅客税が創設されました。同様の制度は、アメリカ・オーストラリア・韓国などの諸外国で既に導入されています。

<国際観光旅客税の概要>

2019年1月7日以後、船舶または航空機によって日本から出国する旅客から、出国1回につき1,000円の国際観光旅客税が、チケット代金に上乗せして徴収されることとなります。

対象は「日本から出国する旅客」とされており、日本人が外国に行く場合、外国人が本国に帰国する場合のいずれにおいても国際観光旅客税が課税されます。また、観光旅客のほか、ビジネス、公務、就業、留学、医療などの目的で出国する者も含まれます。

ただし、次の者については国際観光旅客税が非課税となることとされています。

・船舶又は航空機の乗員
・強制退去者等
・公用船又は公用機(政府専用機等)により出国する者
・乗継旅客(入国後24時間以内に出国する者)
・外国間を航行中に、天候その他の理由により本邦に緊急着陸等した者
・本邦から出国したが、天候その他の理由により本邦に帰ってきた者
・2歳未満の者

(参考)
国税庁「国際観光旅客税に関するQ&A」

 

このページのまとめ

このページのまとめ

・2019年1月7日以後、日本を出国する際には、1,000円の国際観光旅客税が徴収される。
・観光の他、ビジネス、公務、就業、留学、医療などの目的で出国する者も含まれる。
・国際観光旅客税は観光基盤の拡充・強化を図るための財源として用いられる。