確定申告

2019年1月から個人の方のe-Taxが利用しやすくなります!

2019年1月から個人の方のe-Taxが利用しやすくなります。
今回は、e-Tax利用の簡便化について解説します。

そもそもe-Taxとは?

e-Taxとは、国税庁の電子申告システムのことをいいます。確定申告などの国税に関する手続が、インターネットを利用して電子的に手続きを行うことができます。

従来は書面で作成した確定申告書を税務署に持参するか郵送するなどしなければなりませんでしたが、このe-Taxを利用すると、自宅にいながら、インターネットだけで完結させることができます。

個人の方の確定申告であれば、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で、画面の流れに沿って、比較的簡単に確定申告を作成することができます。

 

e-Tax利用の簡便化とは?

これまでのe-Tax利用の方法では、マイナンバーカードを持っていたとしても、e-Taxの開始届出書を提出する必要がありました。また、電子署名をするためにICカードリーダライタが必要となっていました。

今回の簡便化で、現行方式に加えて、①マイナンバーカード方式と②ID・パスワード方式が設けられることとなります。

①マイナンバーカード方式とは?

マイナンバーカードがあるときは、e-Taxの開始届出書の提出が不要になりました(マイナンバーカード方式)。ただし、マイナンバーカード方式を利用する場合は、電子署名をする必要があるので、ICカードリーダライタは必要です。

②ID・パスワード方式とは?

マイナンバーカードがないときは、税務署で職員と対面してe-Taxの開始届出書を提出すると、e-TaxのID・パスワードを受領することができます。このID・パスワードを使えば、確定申告をする際の電子署名が必要なくなり、ICカードリーダライタが不要になります。

(平成31年1月以降のe-Tax利用のイメージ) 国税庁e-Taxホームページより

さらに、2019年1月から、スマートフォンやタブレットで所得税の確定申告書を作成することができるようになります。年末調整済みの会社員(給与所得者)の方で、医療費控除やふるさと納税などの寄付金控除を適用するときは、スマホ専用画面で簡単に確定申告書を作成することができます。

また、マイナンバーカードやICカードリーダライタがなくても、ID・パスワード方式を利用して送信すれば、スマホだけで確定申告を完了させることができるようになります。この場合、申告書の控はPDF形式でスマホなどに保存できます。

 

まとめ

e-Tax利用の簡便化について解説しました。医療費控除やふるさと納税の寄付金控除だけであれば、スマホで申告ができるようになると、とても便利になりますね。